香川県デザイン協会について

※ 下記、設立時(平成10年2月13日)の設立理念です。

  • 近年、我が国の産業を取り巻く環境は、情報化や技術草新の進展、市場の成熟化や国際化など、広範な分野で著しい変化を見せています。このような中で、商品開発から街づくりまで多方面でデザインの重要度が高まり、時代にふさわしい、さらには時代をリードする、優れたデザイン開発が求められています。
  • 本県では、瀬戸大橋開通以来、高松空港、四国横断自動車道などの交通 網の整備が進むとともに、本州四国三架橋時代の到来を間近に控え、サンポート高松(高松港頭地区)の整備事業や香川インテリジェントパークの開発整備など、産業基盤整備が進んでいます。このような中、産業界、教育界など多方面にわたるデザイン振興の核となる組織の必要性が叫ばれています。このため、香川県のご協力をいただきながら
    1. デザインカ向上のための研修
    2. デザイナー個人の情報の産業界への提供
    3. 産業界からのニーズのデザイナーヘの周知
    4. 学生層を含めた後継デザイナーの育成

    などの目的を達成するため「香川県デザイン協会」を平成10年2月13日に設立しました。

  • 本協会は会員デザイナーの情報を広く産業界に提供し、また産業界からはデザイナーとの連携を一層密にし、新商品の開発から街づくりまで、相互の力で地域産業と文化の振興・発展に寄与したいと考えております。
    また、本協会を本県のデザインの中核拠点にするためには、県内のデザインに携わるデザイナー・産業界の多くの方々の参加なくしては成り立つものではありません。つきましては、本協会設立の趣旨をご理解いただき、皆さまのご支援とご協力とともに、多くの方のご入会をお願い申し上げます。

↑ Top

";